コロナが夜の街で感染拡大している霊的理由

download - コロナが夜の街で感染拡大している霊的理由 スピリチュアル最新情報
新型コロナウイルスの感染が東京を中心に拡大を見せていますとくにホストクラブやナイトクラブなど飲食を伴う夜の接客業で感染が多いとされ、夜の街関連の感染拡大があり、それがいま全体に広まりつつある状況と言われていますこうした夜の街関連で感染が拡大している霊的意味について考えてみたいと思いますもちろん飛沫を吸収しやすいなどの現実的な理由もあるでしょうしかし、それだけではなくて何からの意味があるように思えます今回の武漢で流行した新型コロナウイルスは、もとはコウモリが持っていたウイルスだと言われています本当は中国の雲南省の採掘跡の洞窟に住むコウモリが持っていたようですそれを武漢にあるウイルス研究所に送り、そこで増殖したり変異をさせたり、いろんな実験をしていたのでしょうそして武漢ウイルス研究所から何らかの理由で漏れでたものが、今回の新型コロナウイルスの真実のようですつまりもとはコウモリ由来のウイルスだったわけですコウモリというのはご存知のように、昼間は暗い洞窟の中に集団で潜んでいて、夜になって暗くなると餌を求めて外に飛び出してきますこうしたコウモリの生態が、今回の夜の街関連での感染拡大に通じているように感じられます特に今回多かったのが、新宿などのホストクラブでの感染数だったと言われています彼らは寮生活をしていて、そこで集団感染を引き起こしたのではないかと言われています昼は集団で寮で暮らし、夜にな

リンク元

Comments

Copied title and URL