ワクチンも集団免疫も効かない新型コロナの真実

download - ワクチンも集団免疫も効かない新型コロナの真実 スピリチュアル最新情報
新型コロナウイルスについて私たちにとって厳しい研究結果が出ていますいろんな奇妙な特性をもったウイルスなのですが、そのなかでこのウイルスに罹って抗体が出来ても、2、3ヶ月で急速に減少していく事がわかりましたつまり一度感染して、抗体が出来たとしても、すぐに抗体は無くなっていき、またしばらくすると再感染してしまう事を意味します抗体というのは、人間の身体の免疫機能で、一度かかったウイルスに対する抗体が出来る事で、次にウイルスが侵入してきても罹らなくなるのです今回のウイルスのように、抗体が短期間で失われるとするとどうなるかというと、人はこのウイルスに対して集団免疫を獲得することも出来ませんし、ワクチンも効かない可能性があるという事ですこの抗体が短期間で失われるという事は、以前より中国の研究で言われていたことではありますが、まだ本当かどうかわからない所もありましたですが幾つかの機関で同様な結果が出てきて、短期間で抗体が失われるのは残念ながら事実であるようです中国・重慶医科大学などの研究チームによると、今年4月上旬までに重慶で新型コロナに感染して症状が出た患者37人と、症状が出なかった患者37人について、抗体の量の変化などを調査それによると、感染後しばらくして作られる「IgG抗体」が80%以上の人で検出されたが、退院から2か月後には、抗体が検出された人のうち、症状があった人の96.8%、無症状の

リンク元

Comments

Copied title and URL