リーダーに必要な徳目、仁・義・礼・智・信 スピリチュアルな観点から

download - リーダーに必要な徳目、仁・義・礼・智・信 スピリチュアルな観点から スピリチュアル最新情報
儒教では仁・義・礼・智・信の五つが大切な徳目(五常・五徳)とされています儒教というのは中国の春秋時代に生きた思想家である孔子が説いた教えです孔子の説いた教えは君子への道であり、理想的なリーダになるための教えであったと思います儒教において徳の高い人物こそ君子であるわけですが、その徳の種類にはおもに仁・義・礼・智・信の五種類をあげる事が多いですその他にも忠・孝・悌を加える事もありますし、さらに十徳を数えるところもありますこれは現代で言えば政治家にも当てはまりますが、起業家や会社で部下を持つ立場の者などに必要な内容だと思いますつまり人を導くリーダーにとって必要な徳目であると言えますそれでは具体的に見ていきましょうまず仁が初めに来ます仁とは人を愛する心。人を労り、思いやる心を言いますこの仁が一番大切な徳目であり、これを外してはその他の徳は失われます徳の土台となるのが、この仁ですリーダーとして必要なのは、部下を愛したり、人を愛する心であり、愛が基本になければならないという事です時には厳しく指導しなければならない時もありますが、その根底には相手への愛がなければなりません愛が根底にある事で、人を生かせるようになります次に義が来ます義とは正義の心と言っていいでしょう善と悪を分け、正邪、真偽を分ける分別の心ですたとえ自分の利益にならないと思っても、正義を貫く姿勢と言えますたとえば、企業で産地偽造など

リンク元

Comments

Copied title and URL