熊を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします

download - 熊を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします スピリチュアル最新情報
熊を見た時のスピリチュアルな意味を知りたい方へ。
熊は襲われたら怖いというイメージもありますが、アメリカのインディアン達の間では人間を真実へと導く動物であるとされていたり、いろいろな神話にも出てくるなど、スピリチュアルでは神様に近い存在であるとされています。遭遇した時にはちょっと身構えてしまうかもしれませんが、熊を見るということにはどのような意味があるのでしょうか。



ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵


本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵が熊を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします。


熊は「自然の原理」を象徴している
先人達は、熊が冬眠しているときと目覚めて行動している対照的な姿を見て、陰陽を併せ持つ動物だと考えていました。この世の全ては陰陽で成り立っていますが、「眠りと目覚め」「光と影」など両極端のバランスを司ることができるのが熊なのです。
熊は信仰の対象にもなっていた
また、古くから、熊は信仰の対象にもなっていたようです。旧石器時代のネアンデルタール人は熊を信仰して生活していたといいます。アメリカの先住民の間では、熊が癒しと強さの象徴であるとされていました。
ケルトの神には、四季の移り変わりを司る熊の神・アーティオがいます。アーティオという言葉には、女性性、感情、再生などの意味が込められていて、自然界の安全や成功

リンク元

Comments

Copied title and URL