狐を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします

download - 狐を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします スピリチュアル最新情報
狐を見た時のスピリチュアルな意味を知りたい方へ。
稲荷神の使いとして知られている狐は、海外でもアニマルスピリットガイドと言われていて、その人に必要なメッセージを届けてくれるといいます。
そんな狐と遭遇するというのも、決して偶然ではないはず。何らかのスピリチュアルな意味があると思われます。



ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵


本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵が「狐を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えしますタイトル」をご紹介いたします。


狐は古代から神聖な動物であると考えられていた
稲作を行うようになった弥生時代、狐は田の神、山の神として信仰されていたようです。
稲の収穫期になると、それをネズミが食べに来るという被害が続出。人々が困っていると、山から狐が降りてきてネズミを退治してくれたことから、豊作をもたらす神聖な動物であると考えられるようになり、それが信仰に繋がっていったそうです。
日本の神話や説話には狐が登場する話はたくさんあり、豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)が天照大神(あまてらすおおかみ)から命を受けて、日本を豊饒の地にするために、たくさんの狐に稲の種まきをさせたという神話も残っています。
稲荷神社の祭神は五穀豊穣の神
また、稲荷神社の稲荷は「稲成り」からきています。ですから、祭神は五穀豊穣の神なのです。

リンク元

Comments

Copied title and URL