私たちが神仏の子である痕跡 四端説

brothers 457234 960 720 - 私たちが神仏の子である痕跡 四端説 スピリチュアル最新情報
わたしたちは、物質のみで作られたモノではなく、神仏から分かれてきた存在です肉体に宿っている間には、そのことに気づかないでいます物質より作られた肉体器官から感じ取られる情報では、その真実を把握することが難しいということもでもあるでしょうですが、地上に生きている私たちでも、神仏より作られた子である痕跡を見ることができますその痕跡について、孟子の四端説を参考に見ていきたいと思います孟子というのは、古い中国の儒学者で、有名な孔子の後に出てきて、儒教を興隆させた人物です孟子は、人間の心には四端という、四つの兆しがあると言います四端とは、惻隠(そくいん)、羞悪(しゅうお)または廉恥(れんち)、辞譲(じじょう)、是非(ぜひ)を言います「惻隠」というのは、他人の不幸な姿などを見て、いたたまれなく思う心ですみなさんも、例えば震災などで被災された方々を見て、いたたまれなく思うでしょう事件や事故にあった人を見て、可哀そうだと思うはずです人には、そうした自分以外の他人を見て、哀れに思ったり、いたましく思う心がありますつぎに「羞悪」は、不正や悪を憎む心、恥を知る心を言います人は悪いことをするのはよくないことだという思いを持っていますたとえばお金が欲しいからと言って、自分より力の弱いご老人や子供から、暴力で奪うのは恥ずかしいことだ、よくないことだと思うでしょうそして悪をなす人間を許せないと思うでしょうそのよう

リンク元

Comments

Copied title and URL