地球の霊的役割と金星、火星の関わり 二極の統合

20130716 305296 - 地球の霊的役割と金星、火星の関わり 二極の統合 スピリチュアル最新情報
今日は金星の大気から生命が存在していると思われるものが検出されたとして話題になりました「リン化水素」が金星の大気から検出されたとして、これは生命が生み出しているものではないか?つまり金星には生き物が存在しているのではないかと話題となっていますたしかにかつて金星には生命が存在していて、高度な文明が栄えたこともありましたいまは失われていますが、地球のように繁栄していた時代もあります現在でも一部残っている生命もいるものと思われます今回はこの金星や火星と地球との関係を述べてみたいと思います私たちの住む地球と、隣接する惑星の、金星と火星との関わりについて書いてみます地球を含む太陽系には、太陽から近い順に、金星、地球、火星と並んでいます金星より太陽に近い惑星として水星があり、火星の外側には、木星があります地球から見れば、金星と火星が隣接する惑星としてあります惑星にはそれぞれ特色があり、金星は古来よりビーナスと呼ばれ、美の女神の名前を冠するように、美や調和の特性がありますこうした特性は、その惑星に住む生命に影響し、かつて存在していた金星の生命には、美や調和の特徴がありましたそして火星はマルスというローマ神話の軍神の名前が付けられているように、競争や、序列、進歩に関係しています金星の調和と、火星の競争には、対立するような異なる理念があります地球はこの二つの惑星の間にあるのは偶然でなく、両惑星の理念

リンク元

Comments

Copied title and URL