瞑想の正しいやり方

meditate 1851165 640 - 瞑想の正しいやり方 スピリチュアル最新情報
瞑想の正しいやり方について教えてほしいと質問がありましたので、取り上げてみたいと思います今回は瞑想について初歩的な話をしたいと思いますまず、瞑想の時間について、いつしたらよいかという問題がありますもっとも適しているのは、早朝の時間で、起きてからそれほど経っていない、朝日のあがる爽やかな時間帯がよいです早朝は眠りから覚めて、まだ潜在意識とのアクセスが容易だという理由が一つあります睡眠中は表面意識の活動が低下していて、潜在意識と交流する時間ですので、起きて間もない時間は潜在意識と交流がしやすいですそして早朝は、清々しい気分になると思いますが、周囲を取り巻くエネルギーも清々しいものとなっていて、潜在意識と交流するにはよい時間帯です逆に深夜帯ですと、人々の日中に溜まったストレスや疲労の気が漂ていることもあり、ネガティブなエネルギーが徘徊する時間ですので、普通は瞑想はしないほうがよいです深夜に瞑想していると、そのひとの思いが波長が低いと、ネガティブな思いと通じてしまい、悪いインスピレーションを受けたりするのです瞑想の姿勢としては、背筋をまっすぐに伸ばして、背中は壁などには寄りかからないようにして座ります目を閉じて、鼻から息を吸い、口から吐き出す呼吸を続けます目安として、鼻から吸うときには、四秒カウントくらいで、口から吐くときはゆっくりと、八秒カウントくらいの目安で続けます鼻から吸うときには、

リンク元

Comments

Copied title and URL