鹿を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします

download - 鹿を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします スピリチュアル最新情報
鹿を見た時のスピリチュアルな意味を知りたい方へ。
昔から鹿は縁起の良い生き物だとされてきました。世界中に鹿にまつわる神話が残っていますが、スピリチュアルでは、鹿の角は神、宇宙からのメッセージを受け取るためのアンテナだと言われています。そんな鹿を見た時、どのようなメッセージが隠されているのでしょうか?



ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵


本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵が鹿を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします。


鹿は神様の使い
神の使いである鹿は、神鹿(シンロク)とよばれて、古くから大切にされてきました。
日本の神話にも、鹿島神宮の御祭神・建御雷神(タケミカヅチ)のところに天照大神の命を伝えに来た天迦久神(アメノカクノカミ)という神が鹿の神霊だったという話が残っています。

奈良の春日大社

奈良の春日大社は藤原氏の氏神を祀るために768年に創建されましたが、その時、鹿島神宮からタケミカヅチの分霊を運んだのです。

鹿島神宮

分霊を運ぶ際、鹿島神宮に生息していた白い鹿の背に乗せてはこんだという話もあり、春日大社でも鹿は神の使いとされています。
仏教では「幸福、平和、長寿」の象徴
また、仏教では鹿が「幸福、平和、長寿」の象徴と言われています。他にもキリスト教では「信心深さ」、北アメリカの先住民の

リンク元

Comments

Copied title and URL