お釈迦様の悟りとは何だったのか?

o1600120014155024110 - お釈迦様の悟りとは何だったのか? スピリチュアル最新情報
今から約二千五百年前の北インドにある釈迦王国にゴータマ・シッダッタがお生まれになりました釈迦というのは、もとはお釈迦様の出身の部族の名前の事です釈迦族にお生まれになった貴い方という意味で釈迦牟尼(Śākyamuni)と言い、そこから仏教の開祖であるゴータマ・シッダッタを私たちはお釈迦様と呼んでいます他にも目覚めた方という意味で仏陀と呼ぶこともありますお釈迦様は王子としてお生まれになりましたが、長じてより人生について思いふける事が多くなりました有名な話として四門出遊というものがありますお釈迦様がまだ出家されずに王子であった頃、お城に東西南北の四つの門がありましたある日、お釈迦様が東の城門から出られた時に、道端に歯が失われ、腰が曲がって、しわの深い老人の姿を見ますはじめて老人を見たお釈迦様は「人間は誰しもあのような老人の姿になるのだ」と憂いましたまた別な日には、南門を出ると、病気で苦しむ病人の姿をはじめて見ますさらに西の門身体られた時には、多くの人が泣いて歩く姿を目撃します「あれは何をしているのか」と聞くと、死人が出たので葬式をしている所で、これから死体を焼くところだと言いますお釈迦様は動かなくなった死体が焼けて、骨だけになるさまを見て「人はいつか死ぬ存在であり、その宿命からのがれられないのだ」と思いますそして最後に北門を出られたとき、出家した僧侶の姿を見ます生老病死の四苦の逃れられな

リンク元

Comments

Copied title and URL