前世から現世、未来世に繋がる幸不幸の連鎖

download - 前世から現世、未来世に繋がる幸不幸の連鎖 スピリチュアル最新情報
先日は「お釈迦様の悟りとは何だったか?」という記事を書きました仏教の開祖であるお釈迦様が、はじめに悟られた内容を紹介しました簡単に言うと苦楽の中道と、人間には過去世(前世)、未来世があり、苦の原因があって結果を受けている連鎖があると悟られたわけです人間は過去・現在・未来の三世を生きる存在であり、そこには原因結果の法則が厳然とある事を伝えていますひとはなぜ自分がこのような目に合うのだと不満を持つことがあり、世の中は理不尽のように見えますが、実際には過去にその因を作っていて、現在その報いを受けているのですそうした因果の理法がある事をお釈迦様は教えましたこの教えからさらに論理が展開していって、初期の教えである四諦・八正道が説かれます四諦というのは四つの真理ということで、苦・集・滅・道の四つを言いますまず苦というのは、人生の真実を知らないまま、この世に縛られて生きている状態が苦であるという真理ですたとえば死んだら終わりだと考え、肉体欲をはらす快楽こそが幸せだと思って生きているような人生は、実は苦しみであるとするものです世の中にはあの世を否定して、唯物論を信じ、死ねば終わりだとする考えに生きる人が多くいますそのように魂の真実を知らず、無明に生きている事こそ苦であると知る事が苦(苦諦)ですそしてその苦しみを生みだしている原因を知る事、無明を知り、囚われを発見することが集(集諦)です苦には原因が

リンク元

Comments

Copied title and URL