通過儀礼=イニシエーションの霊的意味

download - 通過儀礼=イニシエーションの霊的意味 スピリチュアル最新情報
通過儀礼というのは人生の時期を区切って、新しい段階に進むための儀式などを言いますある一定の決まった儀礼をおこなう事によって、今までと違う、新たな段階へと進むことを自覚させる意味があったでしょう現代ではこうした通過儀礼という考えが気薄となってきて、人々は人生の各時期を明確に意識しなかったり、自覚が薄れる事に繋がっているのかも知れませんもちろん個人個人の事情がありますが、社会全体として様々な問題が出てきているのも、通過儀礼が無くなって来ている事も一因となっているかも知れませんそこで古来の日本での通過儀礼について述べてみて、霊的な観点からも述べてみたいと思いますまずこの世へ生まれ出た誕生から話をします子どもが生まれて三日目、あるいは七日目になると雪隠参りをする地域も関東地域ではあったようです雪隠とは厠=トイレの事で、トイレの神様にお参りするというものですこれはトイレというのはこの世とあの世の境になっていて、生まれてきた子どもにこの世=現世にいる事を自覚させ、神様に魂を入れてもらいためだと言われますちなみに妊娠とトイレとの関連は他にも全国的にあり、たとえば妊婦がトイレをきれいに掃除すると綺麗な子供が生まれるとする伝承があります人気となった「トイレの神様」という植村花菜さんの歌でも、トイレには綺麗な神様がいて、綺麗にしていると美人になれるという話が歌詞になっていますトイレに存在する神様という

リンク元

Comments

Copied title and URL