鬼の正体と起源と古代日本の宇宙人 レプティリアンとの関係

c4ff258ef6d4dc15a442e13ef7e5e4b596e60651 - 鬼の正体と起源と古代日本の宇宙人 レプティリアンとの関係 スピリチュアル最新情報
「鬼滅の刃」が世間で流行っていて、当ブログでも取り上げたことがありますが、そもそも日本の鬼の正体について探求したいと思います「鬼(キ)」という漢字は中国から渡ってきた文字ですがもともとの意味は「死者の魂」を示していて、中国ではそのような使い方をします日本に鬼の字が伝わって、古来からあるオニを当てはめて現代の鬼に繋がってきました牛のような角を生やして、虎のパンツをはいているという姿は、鬼門という方角から来ていると言われます中国では方位を十二支を使って示す習慣があり、鬼門とされる方角は東北で、「丑(うし)」と「寅(とら)」の間としてあらわされますそのため牛の角を生やし、虎のパンツをはいた、牛と虎を合わせた現代の鬼の姿が定着してきたと言われますただ、それゆえ人間の想像で作られたかというと、そうではなく実在のモノとしております古来からオニそのものはいて、それが伝来の文字や象徴などで表現されていますが、昔の日本に実在していたものですでは鬼とはどのような存在だったのでしょう?「鬼滅の刃」の漫画の中でも描かれていますように鬼は人間を食べるという性質があるとされています食人の性質を持った者たちだったわけです日本の古代にそうした者たちの痕跡を辿っていけば、一番古いものでは、古事記などに描かれる須佐之男命の八岐大蛇退治があります神話では村から若い娘を八岐大蛇に生贄として差し出していたとあります須佐之男

リンク元

Comments

Copied title and URL