世界三大予言者「終末の善と悪との大決戦が2020年に到来する」ジーン・ディクソン

dixon - 世界三大予言者「終末の善と悪との大決戦が2020年に到来する」ジーン・ディクソン スピリチュアル最新情報
ノストラダムスやエドガー・ケイシーと並び、世界三大予言者とも言われるジーン・ディクソンという方がいました彼女は1900年代のアメリカに生まれて、様々な予言を行い、数々の出来事を的中させたといわれますもっとも有名なものがケネディ大統領の暗殺を予言したものでした1956年にジーンさんは以下のような予言をしました「1960年のアメリカ大統領選で、民主党が勝利し、青い目の大統領が誕生する。だが、その大統領は任期を全うすることなく執務室で暗殺されるだろう」予言した年に、民主党の青い目の大統領「ジョン・F・ケネディ」が当選し、彼は執務室ではないですが、テキサス州ダラスをオープンカーでパレード中に射殺されましたこれによって彼女は有名になったと言われます実は、彼女の予言には今年2020年についてものがあります「末日の善悪の大決戦が2020年に到来し、その時になるとニセ予言者、サタン、反キリスト者が人類と対陣して戦う」末日というのは最後の日ということで、聖書のヨハネの黙示録に書かれたような終末の時を示していると思います今年は善と悪とが対決する大きな時に当たるというものですこれは当ブログで言っていたこととも一致するものでしょう今年はコロナ禍から始まって、地球が大変動する時期に来ています私はアースチェンジと呼びましたが、大きな変化の訪れる時期に来ていますそして今日はアメリカの大統領選挙の日でもありますこ

リンク元

Comments

Copied title and URL