傷つきやすい人へ、本当の自分に帰るために

download - 傷つきやすい人へ、本当の自分に帰るために スピリチュアル最新情報
人のこころは痛がりなので、傷つかないようにと鎧で身を守ろうとしますもう傷つかないように、悲しみに出会わないようにと、重い鎧を身に着けますそしていつしか、その鎧そのものがあなた自身であるかのように感じ、周りもそう思います重く醜い姿がそこにはあるのです傷つかないようにとまとった重い鎧は、やがて自らを苦しめていきます身にまとった鎧は、肉に食い込み、やがてそれ自体が苦しみを生みますそうして人は自ら生みだしたものに苦しんでいくのです私も子どもの頃から他人の言葉や思考というのが過敏に感じ取られ、それで苦しみを生みだす事が多くありました神経が過敏で、ちょっとした事でも傷ついてしまう性格をしていましたそのため、知らず知らずに重い鎧をまとい込んでしまい、いつの間にかそれが苦しみを生んでいたと思います他人がどう思っているかを必要以上に気にしてしまうため、人と会うのが苦手で、会ってもうまく溶け込めないでいます警戒してしまい愛想よく出来ないため、余計に周りの人から倦厭され、ますます傷ついてしまいますそのように、結局は自分自身でまとった鎧が、自分を傷つけるもとになっていました私のような鎧以外にも、様々な鎧を着た人が世の中にはいますなかには傷を隠すために、かえって饒舌になり、他人に話す隙も無いほど話したてる人もいます急におしゃべりになって話し続ける人もいますこれもまた傷つきたくないがために、鎧を被っている姿で

リンク元

Comments

Copied title and URL