神奈川の異臭は巨大地震の前兆!?関東大震災時にはガス噴出も観測されていた

jeq001 000000407 - 神奈川の異臭は巨大地震の前兆!?関東大震災時にはガス噴出も観測されていた スピリチュアル最新情報
今年に入って神奈川県で異臭騒ぎが何日も起り、大地震の前兆ではないかとする説や、石油タンク漏れではないかとする説など囁かれていますかつて大正時代におこった関東大震災でも、今回と同様に三浦半島の突端でガスが噴出していたとする現象が報告されていますですので、今回も関東大震災クラスの前兆現象ではないかという噂がありますそこで実際に原因は何なのか、幾つかの説を取り上げて考えてみたいと思います1、青潮説まず一つ目の説として青潮説があります海でプランクトンなどが大量死することで、青潮が発生し、その臭いが原因とするものです青潮とは何かを詳しく説明すると、海に生活用水などが流れ込んだりして、栄養豊富となると、プランクトンが大量に発生しますそしてこのプランクトンが死滅していき、バクテリアに分解されますその時に大量の酸素が消費されるため、海の中が酸素欠乏な状態になりますすると、嫌気性といって酸素を嫌う最近の一種の硫酸還元菌がたくさん増殖しますこの菌は毒である大量の硫化水素を発生させます硫化水素は卵の腐ったような臭いを発するため、それが原因ではないかとするものですですが今回のガスの臭いはゴムが焼けたような臭いで、青潮とは違ったものだと言われています実際に採取された臭いを分析しても、「イソペタン」などが検出され、硫化水素は出てきていませんので、青潮説は無いと思われます2、石油タンカーの漏れ説次に、石油タンク

リンク元

Comments

Copied title and URL