神と悪魔との対立の時

barley 676551 960 720 - 神と悪魔との対立の時 スピリチュアル最新情報
新約聖書には終末の世を記したヨハネの黙示録というものがありますそのなかには神様につく側の人たちと、悪魔の側につく人たちに分かれて、最後の戦いが行われるとされています人類が神側と悪魔側に分かれて、最後の決戦を行い、悪魔側は滅びるとされています現在、世界一の国で行われている選挙でも、まさにそうした黙示録の世界が垣間見えるような状況になりつつあります人々に「あなたは神の側につくのか、それとも悪魔側につくのか」を迫られているようです光と闇とに分かれた戦いが行われようとしていますイエス様ご自身のたとえ話にも同様な話があります「天国は、良い種を自分の畑にまいておいた人のようなものである。人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に毒麦をまいて立ち去った。芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦もあらわれてきた。僕たちがきて、家の主人に言った、『ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。どうして毒麦がはえてきたのですか』。主人は言った、『それは敵のしわざだ』。すると僕たちが言った『では行って、それを抜き集めましょうか』。彼は言った、『いや、毒麦を集めようとして、麦も一緒に抜くかも知れない。収穫まで、両方とも育つままにしておけ。収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を集めて束にして焼き、麦の方は集めて倉に入れてくれ、と言いつけよう』」。— マタイによる福音書13:24–30(口語訳)この

リンク元

Comments

Copied title and URL