人生の難問に答える良きメンターを心の中に持つ事の霊的意味

download - 人生の難問に答える良きメンターを心の中に持つ事の霊的意味 スピリチュアル最新情報
人生でなかなか答えのでない難問にぶつかったり、こうした時はどうすればいいのか?と迷う時もあるはずですたとえば今はコロナで経営が厳しいですから、経営者の方は今後どうすべきか頭を抱えている事でしょうそうした難問にぶつかった時には、良きメンターをこころに持つ事ですメンターとは、よき助言者であり、心の支えとなる人物、人生の師匠などですもちろん生きている人物でそうしたメンターを持つ事も大切ですが、今回はそうではなくて心の中に持つメンターですつまり実際にお会いしたり、指示を仰げる方とは限らず、自分が尊敬している人物で、この人だったら適切な判断をしてくれるに違いないと考える人物ですこころのメンターは、何も今生きている人物でなくてもいいのですすでに亡くなられている方でも、尊敬できる方を心のメンターにしていくとよいでしょう会社勤めをしていても、どのような判断を下せば迷う時もありますし、女性であればどのような男性と付き合えばよいのかと迷う時もあるでしょうそうした時に、心の中で相談できる相手をつくるのですたとえば経営についてであれば、経営の神様と言われた松下幸之助さんに心の中で相談して、「もし松下幸之助さんであればどう判断するだろうか?何と答えてくれるだろう」と想定しますそうするとこころの中で答えが浮かんでくる事があります実は、心の中で問いかけていると、霊的な存在が感知して答えを降ろしてくれることがある

リンク元

Comments

Copied title and URL