蝶を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします

download - 蝶を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします スピリチュアル最新情報
蝶を見た時のスピリチュアルな意味を知りたい方へ。
昔から、蝶にはスピリチュアルな意味があると言われてきました。
蝶は卵から生まれて幼虫になり、それからサナギ、成虫と変化していきます。サナギの時は全く動かなくなる姿は、死んでしまったかのように見えます。それが脱皮して美しい蝶に変身することから、復活、死と再生、開放などの意味を持っている生き物なのです。
そんな蝶を見るということにも、きっと何かメッセージが込められているはずです。



ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵


本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵が蝶を見た時のスピリチュアルな意味をお伝えします。


蝶はエネルギー波動の高いところに寄ってくる
エネルギー波動の高い場所に蝶は寄ってくると言われています。

蝶をよく見るようになった、あるいは肩など体に蝶が止まったという時は、その人の運気が高まっているというサインです。
スピリチュアルでは、つがいの蝶は「好転の兆し」を暗示していると考えられています。蝶がつがいで近づいてきたときは特に、これまで経験したことがないくらいに物事が大きく好転するかもしれません。

蝶を見た時はラッキーチャンス
蝶が幸運を運んでくるというより、蝶を見た時は幸運を掴むべく良い波動エネルギーになっているということを知らせてくれているのかもしれま

リンク元

Comments

Copied title and URL