天災を招く菅内閣のもとコロナ禍や災厄は続く

cea1b738186e74368e8a29f71184f00fdec3caf8 - 天災を招く菅内閣のもとコロナ禍や災厄は続く スピリチュアル最新情報
菅義偉総理が恒例となっていた、伊勢神宮の参拝を延期とした12月28日に、政治ブログでは災厄をもたらすであろうことを心配して記事を書きました歴代総理は恒例で新年には伊勢神宮を参拝し、天照大神に五穀豊穣や安寧を祈られましたこの恒例の参拝を行わなかった総理として社会党の村山富市氏がいますが、彼が参拝しなかった年には、1月17日に阪神・淡路大震災が発生しましたまた農水相も一緒に参拝するのが恒例でしたが、民主党時代には赤松広隆氏も参拝をせずにいましたその年の3月には宮崎県で口蹄疫が蔓延していますこのように過去の流れを見て、総理などが参拝をしなかった時には、大きな災厄が起こっていますその事を警告して記事を書いていたのですが、やはり災厄を招いているように感じます新型コロナによる感染者数は急拡大をしており、緊急事態宣言まで出す事になりましたですが今後も感染拡大は続くでしょう政府はさらに宣言の地域を拡大したり、より厳しい措置を取っていくでしょう参拝の取りやめについても、一般の意見でも密を避けるために当然だというような意見が大多数でした国に危険が訪れている時には、むしろ神様に安寧を願う事が大切でしょう日本の神様を蔑ろにした結果は、報いを生じてきますさらに菅総理の生まれ故郷である秋田県湯沢市も、災害級の大雪が降って自衛隊が派遣される事態となっていますせっかく総理が誕生したとして祝っていたところ、厳しい事

リンク元

Comments

Copied title and URL