強い者が生き残るのではなく変化できる者が生き残る

woman 5796676 960 720 - 強い者が生き残るのではなく変化できる者が生き残る スピリチュアル最新情報
コロナ禍で激変する今に通じる言葉として「強い者、賢い者が生き残るのではない。変化できる者が生き残るのだ」というのありますこれは進化論を唱えたダーウィンの言葉だと知られていますが、実際には米国の経営学者レオン・メギンソンという方が、進化論的な考えを独自に解釈して作った言葉だそうです世の中が変動していく中にあって、その変化に対応していける者が、次世代には生き残り、繁栄していくというものですね有名になった言葉ですので、実際に即した名言だったのでしょうたしかに古代の生物を見ても、恐竜などは体も大きくて、強い力を持っていたので、強いものが生き残るなら今も地球で生き残っていたかも知れませんが、実際には滅びてしまいました逆にトカゲのように小さくて弱い生き物は絶滅せずに生き残っています巨大な体を持つマンモスも、現代では生き残っていませんが、かつては地球上に繁栄している時期がありましたしかし、マンモスの力の象徴ともいえる左右の牙が大きくなりすぎて、自分自身を傷つけるまで成長し、それが原因で滅んだのではないかとも言われていますこのように強いものが必ずしも生き残るのではなく、環境の変化に適応していったものが生き残っていくと言われます進化論は必ずしも誤謬のない説ではありませんが、経営などを考える知恵として、進化論にたとえた話が浸透していますコロナ禍で変化する状況の中で、生き残っていくためには、変化した環境

リンク元

Comments

Copied title and URL