この世は死が支配する苦の世界と説いた仏陀

download - この世は死が支配する苦の世界と説いた仏陀 スピリチュアル最新情報
この世に生まれた者は必ず死を迎える運命にありますそしてこの世の営みはすべて苦である(一切皆苦)と説かれたのが、仏教の開祖である仏陀です仏陀とは個人名ではなく、悟りたる者という意味です現在も世界中で新型コロナが流行し、ある国では死者が多く出すぎて、火葬が間に合わないところも出ていますこうした現状をみると、この世は死の支配する世界であると感じられるでしょう誰も永遠に生きられるものは無く、いつかはこの世を去らなくてはならないのですといっても、死ねば消滅するのではなく、魂は生き続けることとなりますあの世の上層部こそ光の世界であり、清浄で正しい世界なのでしょうこの世は死があり、不浄があり、闇の多い世界です政治などを見ても、不浄で汚物まみれの世界のように見えますこうした穢れが溜まった泥水で遊んでいる世界が、この世の姿だとも言えますなので仏陀は、この世への執着を手放せと言いますこの世界に執着して、手放さないからこそ苦しみが生じるのだと説かれます現代人からすれば何とネガティブなとらえ方だと思うでしょう現代では様々な楽しみが増えていますので、この世は楽しい世界であると思う人が多いはずですしかし、快楽を追うのも、海水を飲んで渇きをいやそうとするようなもので、ますます欲は高まるばかりになりますこの世の事に執着しすぎると、苦しみも増していきます「どうしてもあの人と結婚したい」とか「豪華な家が欲しい」とか「

リンク元

Comments

Copied title and URL