節分と邪気祓いの作法、新型コロナウイルス流行

download - 節分と邪気祓いの作法、新型コロナウイルス流行 スピリチュアル最新情報
今日は節分の日です「鬼は外!福は内!」と言いながら、豆まきをする時期ですねもともと節分というのは、季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬」の前日を言い、本来は年に四回ある事になりますですが、旧暦では春から新しい年が始まるとしていたため、立春の前の節分は、大晦日にあたる大切な日でしたそのため立春の前の節分が重要とされ、節分と言えばこの日のことを指すようになりました昔から、季節の変わり目には、邪気が人々の間に入りやすいと考えられてきましたたしかに季節の変わり目に風邪を引いたり、体調を崩してしまうことが多いのではないでしょうかそうした体調の変化を、古来から理解していて、邪気を払う行事として定着したのでしょう現在は新型コロナウイルスの流行もありますが、そのような目に見えない災厄を、昔は鬼の仕業として考えられてきたのです節分では、災厄のもととなる鬼を退治することで、無病息災で過ごせるように願ったのですねなぜ豆かというと、豆という言葉が魔を滅する、魔滅(マメ)に通じるから、言ってみれば語呂がよいので豆になったようです実際に豆をまくことに意義があるかというと、おそらくは無いでしょうただ、行事として楽しむという意味があるのだと思います年中行事を通して、人生に彩をそえるという事ですね昔から邪気といって、悪い気が溜まるとよくないという風に言われてきましたこれは実際にありうることだと思います豆では退治

リンク元

Comments

Copied title and URL