与えることで与えられる、「売りマス」と「買いマス」の話し

Masu252COne sho measure252Ckatori city252CJapan - 与えることで与えられる、「売りマス」と「買いマス」の話し スピリチュアル最新情報
ひとは与えることで与えられるという話を何度かしたことがあります霊的真理として、多くを人に与えたものが、与えられるようになるという事があるのです多くの人に愛情を注いできた人は、多くの人から愛されるようになります世の中に多くを与えた人は、それだけ評価もされるよになるでしょうこのように与えることで与えられるという法則があるのですが、これはビジネスの世界、商売についても言える事ですその事を端的に表していると思える昔話を紹介しますむかしむかし、信濃の国(現在の長野県)に湊屋(みなとや)というお店がありました古くから米や味噌や醤油を売っている老舗のお店でしたある日の事、湊屋の主人が、こんな事を考えました(もっと儲けるために、升(マス)を変えたらいいんじゃないか)当時は商品を仕入れ先から買う時、お客さんに売る時には、同じ升(マス)という量りともなる木の容器を使いましたそこで主人は、仕入れる時と売る時の升を変えてしまう事を思いついたのですつまり仕入れる時には、わずかに大きな升を使い、売る時には小さな升を使うのですそうすると同じ代金で仕入れる時に、ちょっとだけ多く仕入れられ、売る時にはちょっとだけ少なく売れるため、湊屋はその分儲かるというものです早速、見た目にはほとんど気づかないような特殊な升を作って使い始めます湊屋では、仕入れる時の升を「買いマス」と言い、売る時の升を「売りマス」と名付けましたはじ

リンク元

Comments

Copied title and URL